遺言には法的に効力のある法定遺言事項と法的な効力のない付言事項とに分けられています。

 法定遺言事項としては、例えば法定相続分と異なる相続分の指定、遺産分割方法の指定、遺贈に関すること、推定相続人の廃除や子の認知などがあります。

付言事項は、遺言に記載することで家族に想いを伝えたりすることができます。

付言として遺言者の気持ちを相続人に伝えることで紛争を回避し、円満な遺言手続きにつながる場合があります。法的効果が無いからといっても意義あるものです。

 では、付言事項にはどんなものがあるのかといいますと、例えば葬儀の方法です。

 葬儀をどういった方式で行って欲しいか、参列者は親族だけにして欲しいといった希望を記載したり、反対に葬儀を行わないで欲しいとの記載を希望されるケースもあります。生前に遺言に記載しておくことで故人の意思をご遺族に伝えることが可能です。

 他にも長男に財産を多く相続させたのは、長男が障害を抱えていることを考慮したためといった遺言の内容に関する理由を記載しておくと相続人達も納得して紛争を避けることができる場合もあります。

 また、臓器提供に関することや献体の希望、永代供養に関する事項を記載されている方もいます。

 尊厳死を希望する内容が記載されていることもありますが、一般的には公証役場で尊厳死宣言公正証書を作成されています。