ウイルスと細菌

病院へ行ったりすると、抗生物質を処方されたりしますね。ところで、抗生物質はウイルスには効かないといわれています。ウイルスと細菌とはどう違いがあるのでしょうか。

ウイルスというのは他の生物の細胞を利用して自己を複製させることのできる構造体でたんぱく質の核とその内部に入っている遺伝子からなり,細胞を持たないので非生物とされることもあります。そのため,自身だけで増殖はできず,他の生物の細胞に感染することで増殖ができます。

ウイルスは栄養と水があったとしても細菌と異なり,単独では生存ができません。感染することで増殖できますが,感染した細胞はウイルスが増殖して多量のウイルスが発生するため,破裂して死滅してしまいます。

ウイルスに対し,細菌とは,ウイルスと違い細胞を持ち,自己複製能力を持った微生物です。栄養を摂取することでエネルギーを作ることができるため,生きた細胞が無くとも増殖ができます。

対抗する方法として,細菌には例外もありますが,ペニシリンなどの抗生物質が有効です。抗生物質でアレルギー反応がある人もいますので処方して頂く際には注意が必要です。

ウイルスは,細胞を持たないので抗生物質は効力がありませんが抗ウイルス剤はあります。ワクチンには,無毒化したウイルスを体内に入れ免疫力を高めることで実際に感染したときにウイルスが増殖するのを防ぐものやウイルスに直接作用するものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です